日本ディープラーニング協会への参画と理事就任のお知らせ

株式会社クロスコンパスは、2017104日に発表された一般社団法人「日本ディープラーニング協会」(英称:Japan Deep Learning Association、以下JDLA)に参画しました。加えて、当社代表の佐藤聡が理事に就任しましたことをお知らせいたします。

<設立背景>
第三次AIブームの火付け役となったディープラーニングは、急激な進化を遂げ、現在ではそれまでの技術を根底から覆す要素技術と言われています。米国や中国などのインターネット関連企業が著名な研究者を迎え、多大な投資を行って成果を上げていますが、製造業を中心とした日本にとってもまた、大きなチャンスがあります。にも関わらず、技術に対する理解や人材不足等など数多くの課題が存在しております。日本ディープラーニング協会は、これらの課題を解決すべく、日本の産業がディープラーニングをより有効に活用し、産業競争力を高めることを目指し設立されました。

株式会社クロスコンパスは、これまで数多くのプロジェクトを行いDLの技術を産業に活かしてきました。製造業においては、誰もが簡単にAIを利用できる「ManufacturingIX」の開発を行い、既に提供を行っております。これまで培ったノウハウをもとに同協会の活動に貢献すると共に、誰もがAIを使える社会を目指して参ります。

 ※発表の詳細はURLよりご確認頂けます。 http://www.jdla.org/news/detail/20171004/

JDLA概要>

■名 称:一般社団法人 日本ディープラーニング協会(Japan Deep Learning Association

■所在地:〒105-0001 東京都港区虎ノ門4−1−20 田中山ビル10F (株式会社ABEJA内)

■団体HPhttp://www.jdla.org